トップページ > 信用取引の基本

信用取引の基本一覧

信用取引の流れ
まず投資家は証券会社に委託保証金を差し入れます。 買い建てから始める場合 1)保...
一般信用取引と制度信用取引
(1)一般信用取引 一般信用取引とは1998年12月1日から導入された制度です。...
信用取引で取引される銘柄
信用取引で取引される銘柄は、あらかじめ決められており、「制度信用銘柄」及び「貸借...
委託保証金と委託保証金保持率
(1)委託保証金 委託保証金とは、信用取引において売買が成立したとき、投資家が売...
追証(おいしょう)
追証とは思惑に反して信用買いを行った銘柄の株価が下落した場合、また、信用売りの株...
金利
お金を借りて信用取引の売買を行うのであるから、期間に応じて金利がつきます。その金...
貸借取引貸株料
貸借取引貸株料とは、証券金融会社が証券会社を通じて、信用取引の売り方から徴収する...
逆日歩(品貸料)
売りの注文(貸株数)が買いの注文(融資)を上回ると、株の数には限りがあるため、株...
信用買いの特徴
(1)メリット ・株式を全額購入するための資金がない場合でも、委託保証金という形...
信用売りの特徴
(1)メリット ・下げ相場でも儲けを出すことが可能なので、投資機会が増えます。 ...
口座開設
信用取引を始めるに際して、現物取引と同様に口座が必要です。 口座開設にあたっては...

信用取引の基礎知識項目一覧

信用取引とは?
信用取引とは?
信用取引のメリット
信用取引のデメリット(注意点)
 
信用取引の基本
信用取引の流れ
一般信用取引と制度信用取引
信用取引で取引される銘柄
委託保証金と委託保証金保持率
追証(おいしょう)
金利
貸借取引貸株料
逆日歩(品貸料)
信用買いの特徴
信用売りの特徴
口座開設
 
信用取引を利用した売買手法
つなぎ売り
裁定取引
スプレッド取引
 
情報を読む
日証金貸借取引残高
信用残
規制情報