トップページ > 信用取引を利用した売買手法 > 裁定取引

裁定取引

市場間の価格差を利用して利益を得る取引のことで、指数などを含む同一銘柄が2つの価格をつけた時、割高なほうを売り、割安のほうを買うという手法。
例えば、本来なら日経225と連動して動く投信でサヤと呼ばれる価格差が出た場合、割高なほうを売り建て、割安なほうを買い建て、差が縮まったところで同時に手仕舞う形になります。

優良株・新興市場・材料仕手株・空売ヘッジの厳選情報。スピードが命。 ←クリック!