トップページ > 情報を読む > 信用残

信用残

東証銘柄別残高:個々の銘柄の信用買残高と信用売残高
東京証券取引所が毎週火曜日に前週分を発表し、その翌日の朝刊の日経新聞に掲載されます。
信用取引では期限付きで反対売買で手仕舞わなければならないので、近い将来の売り要因、買い要因となります。

規制・日々公表・管理銘柄などの信用残:信用取引が過熱していると、証券取引所は注意喚起し、信用残高の日々公表銘柄として週1回の公表から毎日公表へと切り替えます。値動きが荒くなることも多いので注意が必要です。

3市場信用取引残:東京・名古屋・大阪の各証券取引所の第1部と第2部の合計値が毎週火曜日に概算値、水曜日に確報値として公表されます。市場全体の買残と売残がわかります。

【読み方】
買い残:将来の売り要因となるが、買残の増加は目先では株価を押し上げる要因です。一般的に安値圏での買残増加は先高期待、高値圏での買残増加は株価の天井が近いことを意味することが多いです。

売り残:売残の増加は目先安くなることを意味しますが、将来の買い要因でもあることから株価の下支えとなる見解もあります。つなぎ売りの目的も含まれるため、日証金の貸株残の増減にもあわせて注意が必要です。

信用倍率=信用買残÷信用売残
 上昇→目先の株価の上昇との見解が多い/将来の売り要因
 下降→目先の株価の下落との見解が多い/将来の買戻し要因

評価損益率=評価損益÷3市場買い残金
 投資家の評価損益で毎週木曜日に東証発表の3市場残高をもとに算出、掲載されます。売り方、買い方のどちらが有利な状況か知ることができます。

優良株・新興市場・材料仕手株・空売ヘッジの厳選情報。スピードが命。 ←クリック!