トップページ > 信用取引の基本 > 信用買いの特徴

信用買いの特徴

(1)メリット
・株式を全額購入するための資金がない場合でも、委託保証金という形で少ない資金で購入できるので、投資機会が増えます。

・どうしても欲しい株があった場合、その時点で潤沢な資金がない場合でも、現引きが可能なため、とりあえず信用取引で買っておいて、資金が調達できたときに現引きするというような方法もできます。


(2)注意点
・少額の投資資金でお金を借りて取引をするため、思惑通りの方向に行かなかった場合はあっという間に資金が目減りする可能性があり、ハイリスク・ハイリターンです。

・日歩という金利がつくため、長期の場合は注意が必要となります。


(3)決済方法
・反対売買(売り返済);一般的な返済方法として該当する銘柄を反対売買することで返済する。信用買いの場合は、買い建分を売却することによって決済し、損益から諸経費を引いた分が投資家の受け取り分となります。

・現引;信用買いの決済のひとつとして、現金を支払うことで、借りたお金を返済し、現物株として引き取る方法。株価が値上がりしていても、値下がりしていても、買い建玉の金額を払わなければなりません。

優良株・新興市場・材料仕手株・空売ヘッジの厳選情報。スピードが命。 ←クリック!