トップページ > 信用取引とは? > 信用取引とは?

信用取引とは?

信用取引は一定の保証金(委託保証金現金及び代用有価証券)を担保として証券会社に差し入れ、買付けに必要な資金や、売付けに必要な株券を借りて売買を行う取引のことを指します。あらかじめ決められた期限までに返済の必要があり、この時期を越えての取引の継続はできません。

信用取引には「一般信用取引」、「制度信用取引」、「店頭取引」の3つに大きく分かれますが、主なものとしては「一般信用取引」と「制度信用取引」があります。この2つの取引には、利用できる銘柄や返済の期限などについて異なるため、売買発注の際は、どちらの取引かを明確にする必要があります。

信用取引では投資資金に比べて大きな利益が期待されるものの、価格の変動が予想と異なった場合には、その損失も大きく膨らむため、その仕組みをよく理解し、自己の判断と責任において取引を行うことが大切です。

優良株・新興市場・材料仕手株・空売ヘッジの厳選情報。スピードが命。 ←クリック!